おススメ記事
初めての不動産投資で最初にやること(1棟目までの道①)

夫婦で不動産投資をすると決めてから、まずは情報収集。

不動産投資に関する様々な書籍を2人で読み始めました。

自分達に重ね合わせてサラリーマン大家さん本が中心を中心に。

「どんなタイプの大家さんになろうか?」

Chiyo
これが意外と定まりませんでした💦

 

加藤ひろゆきさんのスタイルには憧れましたけどね。鬼の指値してみたい!!

不動産投資の始め方。「まずは自分を知る」

始動当初のスペック
所有物件・・・当然無し
貯金額・・・300万
子供・・・2人(0歳と2歳)
主人・・・勤めて3年目
年収・・・400万くらい
Chiyo・・・専業主婦
住まい・・・実家暮らし

・・・なんという貧弱属性!!


しかし、動いてみないことには何も始まらない!

一番経歴に親近感を抱いた、堀野航太郎さんの進める手順で始動。
(DVDも取り寄せました)

堀野航太郎さんの手順

 

自己経歴書を作る。

地元や県内の不動産業者を訪問して経歴書を配る。

ネットで検索した地方のめぼしい物件の情報を送ってもらう。

土日を中心に不動産屋巡りをするも、そこで紹介してもらえるのはネット既出の物件ばかり。

小さい不動産業者も同じような反応。

決まって言われるのは・・・

「最近若い人でも投資物件探している人多いんですよね~」

サラリーマン大家さん流行っているとは聞いていましたが、見たことは無いだけで近くにもいるのか。

ま~子連れ夫婦で訪問しているのは稀でしょう。

私たちは冷やかし程度にしか見られなかったんだな~。

「良さそうな情報が入れば紹介します!」

みんな言ってましたが当然連絡が来ることはありませんでした。

Chiyo
けっこう色々まわったのにな・・・。
住宅のDMはたまにくる(笑)

~意識の転換~

 

始動当初は家から近いところで物件が欲しいと考えていました。

しかし、私たちの住む県は都市部からそう離れていないベッドタウン

人口増加率は年々上昇中

つまり人気エリア

新築は利回りが低い

耐用年数オーバーしてても強気な価格

こんなの・・・

我々に買えるわけがない…!

たまに掘り出し物の情報は資産のある人の元にしか回らない💦

私たちはこれに気付けただけでもよかったんです。

貧弱属性の初心者には、地元の近場の物件は敷居が高すぎました!

そんなわけで、心機一転地方でも多少土地勘のある地域に範囲を広めてみました。

Chiyo
次回は、そこで私たちの転機となる人物に出会えたお話です。

 

 

↓堀野航太郎さんの著書。サラリーマン大家さんを始める人にうってつけの教科書です!

created by Rinker
¥9,779 (2019/10/17 05:59:09時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめの記事